診療時間・ 午  前  9:00〜12:50
・平日午後 14:30〜18:30
・土曜午後 14:00〜17:30
休診日・木曜日、日曜日、祝日

知覚過敏

知覚過敏

冷たいもので歯がしみる、ぴりぴりとした痛みが生じる等といった症状の場合、知覚過敏が考えられます。
知覚過敏は歯の象牙質が露出し、象牙細管へ刺激が伝わることにより、痛みがでます。

知覚過敏の治療方法

知覚過敏用歯磨剤

知覚過敏用歯みがき粉を使用し、痛みを和らげます。

ディセンシタイザーの塗布

リン酸四カルシウムと無水リン酸水素カルシウムが主成分の知覚過敏抑制材です。知覚過敏が生じている部位に塗布します。歯質や歯肉に対して刺激が少ない、弱アルカリ性のペーストを形成します。硬化後はハイドロキシアパタイトとなるため生体親和性に優れています。

フッ化物塗布・コンポジットレジンでの修復

しみる部位をフッ化物やコンポジットレジンで覆うことにより、治療します。

ナイトガード(マウスピース)

知覚過敏の大きな原因の1つが「歯ぎしり」と言われています。その場合、ナイトガードを作成して、治療を行います。

咬合調整

咬み合わせが原因の場合は、歯を削合し、生理的に調和のとれた噛み合わせにする咬合調整を行います。 クワタカレッジ主宰・米ボストン大学教授、桑田正博先生が提唱されるFunctionally Disoccluded Occlusion の考え方に基づいた生理的咬合を目指します。

レーザー治療

露出した象牙質にレーザーを照射することで、象牙質に加わる刺激が神経に伝わらないようにすることで、歯がしみる症状を和らげます。

抜髄(神経を抜く)

どうしても症状が収まらない場合は歯の神経を抜きます。