診療時間・ 午  前  9:00〜12:50
・平日午後 14:30〜18:30
・土曜午後 14:00〜17:30
休診日・木曜日、日曜日、祝日

矯正歯科

矯正歯科

矯正治療とは

矯正治療とは、悪い歯並び即ち不正咬合を正しい歯並びに直すことです。
かみ合わせが悪いと、硬い食べものや繊維質の食べ物をうまく噛むことができなかったり、言葉がうまく発音できなかったりします。また歯並びが悪いと、顔の見た目が悪いだけでなく、歯磨きがしにくくなるために、歯周病が進行しやすくなり、むし歯ができやすくなります。矯正治療は子供がするものだと思われている方もいらっしゃるようですが、大人の方でも歯周病やむし歯を放置していたために、歯が動いて傾いたり、隙間ができたりしてかみ合わせが悪くなることもあり、お口の全体的な治療である全顎治療の際に矯正治療を受けて、健全なかみ合わせ得ることがとても重要です。

悪い歯並びとは

悪い歯並びの状態のことを、不正咬合といいます。不正咬合では、正しい噛み合わせができていません。不正咬合にも様々な種類があります。

◉開咬

前歯で噛み合うことができず、上の歯と下の歯を合わせることができない状態。

◉叢生

顎の大きさに対して、歯のサイズが大きく、歯が並ぶスペースがないために、歯がデコボコに並んでいる状態です。

◉上顎前突

上顎の歯列が下顎の歯列に比べて、前方にでている状態です。出っ歯ともいいます。

◉下顎前突

下顎の前歯が、上顎の前歯より前に出てしまっている状態です。

◉過蓋咬合

前歯が深く噛み込んでいる状態です。下顎の前歯はあまり見えません。

◉正中離開

すきっ歯の一種で、上顎の真ん中の歯の間に隙間がある状態のことです。

◉交叉咬合

上顎の数本の歯が、下顎の歯により覆われている状態のことです。

歯並びが悪いことによる悪影響

●虫歯や歯周病になりやすい

●食べ物を噛みにくい

●歯や顎に不自然なストレスがかかる

●歯の欠損・摩耗につながることがある

などなど様々です。

歯科矯正を行うことによるメリット

お口の衛生状態を維持しやすくなる

歯並びが悪い状態のままだと、歯と歯の間や、歯と歯肉の間に食べ物がつまりやすく、プラークが溜まりやすくなってしまいます。歯並びを整えることで歯磨きをしやすくなり、より奇麗にしっかりと磨く事ができます。

よく噛んで食べられるようになる

歯が適切に咬み合っていない状態だと、食べ物をしっかりと噛むことができません。歯並びを正しくすることによって、咬み合わせも改善されますので、食べ物を噛み切りやすくなります。

見た目が美しくなる

矯正治療を行うと、歯並びがきれいになります。口元を気にすることがなくなり、口元に関するコンプレックスがなくなります。口を大きく開けて笑ったり、口元を気にすることがなくなります。

発音しやすくなる

不正咬合で歯と歯の間に隙間があると、その隙間から空気が漏れることによって、発音しにくい場合があります。矯正治療によって歯と歯の隙間がなくなり、正しい歯列になると、発音しにくかった言葉をはっきりと正しく発音できるようになります。

顎関節の負担軽減

歯列が悪く、咬み合わせが悪いと、顎・筋肉に異常な力がかかってしまい、顎関節に負担がかかってしまいます。その事が原因により、顎関節に負担がかかっている場合、矯正治療によりその負担が軽減されることがあります。

矯正治療の流れ

初診カウンセリング

患者さんのご希望に従い、問診・視診を行います。

精密検査

歯のレントゲン写真や歯の模型を製作します。

矯正・診断

資料に基づき、診断・治療計画を作成します。
患者さんに詳しくご説明いたします。

矯正前の治療

矯正治療を装着する前に、虫歯や歯周病の治療を行います。

矯正装置治療開始

矯正装置を装着します。
装置を装着した後は、1ヶ月に1回はチェックのために来院していただきます。

矯正装置撤去

矯正装置が終了すると、装置を取り外します。

保定装置装着

後戻りを防ぐため、保定装置を装着します。
その後、定期的に診査をします。

治療終了

治療完了です。

マルチブラケットによる矯正治療

マルチブラケット矯正とは、一般的にみられるワイヤーを使用した矯正の治療方法です。
当院では月に一度、矯正担当歯科医師による診療を行っています。
マルチブラケット治療は、臨床的に症例数が多く、最も多く用いられている矯正方法です。それぞれの歯にブラケットという装置を歯科用のセメントで接着し、ブラケット同士をワイヤーでつなげます。このワイヤーの力によって、歯を動かすのです。

クリアブラケットによる目立ちにくいブラケット矯正

従来のブラケットは金属の部分があり、矯正装置が目立っていました。クリアブラケットでは、ブラケットがプラスチックから製造されているため、目立ちにくくなっています。

インビザライン

インビザラインは、マウスピースの形をした矯正装置です。カスタムメイドでアメリカにて製造したマウスピースをお口にはめるだけで、矯正治療が行えるシステムです。

MTM

MTMとは、部分矯正ともいわれる矯正治療の方法です。お口の中を全体的に矯正する治療とは異なり、数本の歯のみの歯並びを治療します。
前歯部の隙間を埋めるために歯を移動させたりする場合にも使用します。またそのような場合だけでなく、天然歯の喪失などにより歯が傾斜してしまった場合にも用いられます。つまり、歯並びを奇麗にするだけでなく、歯の機能を維持するためにも効果的な矯正方法で、クラウンやインプラント治療をおこなう前に、歯の傾きや位置を一部分だけ治療する場合にも用いられます。

前歯部などの見た目が気になる場合の矯正治療や、進行した虫歯や歯が折れてしまったために歯の根っこがけが残っている歯・歯が抜けた後放置していたために傾いてしまった歯などを治療する場合に適応になります。

インプラントアンカーを用いた治療

矯正治療では、大臼歯を固定源(アンカー)として、相互に歯を移動させます。
大臼歯が抜けてなくなってしまっている場合や、大臼歯のみでは十分な固定源とならない場合には、インプラントアンカーを使用して矯正治療を行います。」インプラントを埋入し、十分にインプラントが固定した後、そのインプラントそのため、従来の治療法よりも短時間で治療ができる場合があり、より幅広い治療が可能になります。
矯正用インプラントはチタンからできており、生体親和性が高く、人体に有害な作用はありません。

インプラント矯正の特徴

メリット

◉治療期間が短くなる場合がある
◉抜歯せずに矯正治療を行うことができる場合がある
◉従来では外科手術が適応の症例の場合でも、手術なしでの矯正治療が可能な場合がある

デメリット

◉インプラント埋入のための手術をする必要がある