診療時間・ 午  前  9:00〜12:50
・平日午後 14:30〜18:30
・土曜午後 14:00〜17:30
休診日・木曜日、日曜日、祝日

インビザライン

インビザライン

インビザラインとは

矯正治療をしたいけど、矯正装置は、目立つし歯磨きもしにくそうで…

そのような患者さんに、インビザラインをご提案します。
インビザラインは、マウスピースの形をした矯正装置です。カスタムメイドでアメリカにて製造したマウスピースをお口にはめるだけで、矯正治療が行えるシステムです。

歯並びが悪いことによる悪影響

●透明で取り外しが可能なアライナーを使用し、矯正治療を行います。
●ほぼ透明の医療用プラスチックで製作されるため、アライナーを装着していても目立ちません。
●アライナーは患者さんが簡単に取り外すことができるので、普段通りの飲食・歯磨きができます。
●ブラケットによる治療と比較して痛みが少ないといわれています。ブラケットを装着しないので、粘膜を損傷することがありません。また、インビザラインでは一度に動く量が0.25mmと決まっていますので、無理なく少しずつ動 かしていきます。
●アライナーは金属を使用していないため、金属アレルギーの心配がありません。
●薄く、なめらかな装置を使用しているので、しゃべりにくいこともあまりありません。

ブラケットとマウスピース治療の比較

ブラケット矯正マウスピース矯正
装置の
目立ちにくさ
ブラケットを歯の唇側に装着するため、目立ちやすくなります。 ほぼ透明の医療用プラスチック製のマウスピースの様な矯正装置を歯に装着しますので、目立ちにくくなっています。
取り外し 治療が終了するまで、矯正器具は取り外すことができません。また、取り外しや装置の調整は歯科医師が必ず行います。 インビザラインの装置であるアライナーは簡単に取り外すことができ、患者さんご自身で取り外しができます。
治療中の食事 矯正装置が歯に装着されているため、硬いもの、粘着性のあるものなどは、注意が必要です。 アライナーは取り外すことができるので、食事の際は取り外して、普段通り食事をすることができます。
治療中の
歯のお手入れ
矯正装置が歯に装着されているため、歯磨きがしにくくなります。歯科医院での定期的なクリーニングが必要です。 アライナーを取り外して、普段通りの歯磨きができます。
また、アライナーを洗浄する必要があります。

インビザラインの治療の流れ

カウンセリング

お口の中を歯科医師が診察し、インビザラインでの治療が行えるかどうか判断します。
患者さんの疑問や質問にもお答えします。

レントゲンの撮影

インビザラインを行うにあたり、必要なレントゲン写真の撮影を行います。

歯の型取り・咬み合わせの採得

インビザライン用装置の製作のための型取りを行います。
歯形を取り、上顎と下顎の咬み合わせを記録します。

治療計画フォームの作成

オンラインで治療計画フォームを作成します。

宅配便でアメリカへ郵送

アメリカで3Dによるデジタル歯型・クリンチェックの作製

デジタル歯型・クリンチェックの作製

患者さんの歯型から、3D技術によりデジタル3Dで歯列を再現します。
この3Dの歯形と治療計画フォーム等のデータを利用し、どのように歯を移動させていくか、シュミレーションをたてます。
このシュミレーションを何度も修正し、理想の歯ならびになるよう調整していきます。

アライナーの作成

クリンチェックに基づき、適切なアライナーを作成します。その後、日本へ郵送されます。

治療の開始

アライナーが到着したら、不備がないかを確認し、実際に治療を開始します。

定期検査

アライナーを装着したら、歯が計画通りに移動しているかを定期的に診察します。
万が一、計画通りに移動していなかったら、アライナーの再製作をおこないます。

治療終了

保定

せっかく移動した歯がもとに戻らないように、保定を行います。