診療時間・ 午  前  9:00〜12:50
・平日午後 14:30〜18:30
・土曜午後 14:00〜17:30
休診日・木曜日、日曜日、祝日

無痛治療

無痛治療

痛みの少ない治療へ

歯医者さんに行くと、痛い治療をされた…
そのような声をよく耳にします。
ほりデンタルクリニックでは、できる限り痛みの少ない治療を心がけています。

表面麻酔

ほりデンタルクリニックでは、表面麻酔を行うことで、注射針による局所麻酔を行うときの痛みを緩和します。表面麻酔を行うと、麻酔をした部位の感覚がだんだん麻痺してきます。

浸潤麻酔

よく歯科医院で行われている注射針を使う麻酔です。この浸潤麻酔を行うことにより、治療中の歯の痛みがおこらないようにしています。万が一治療の途中で歯の痛みが出た場合は、遠慮なく歯科医師にお申し付けください。麻酔を追加し、出来るだけ痛みの無い治療をご提供します。

電動麻酔

浸潤麻酔を行うときに、痛みが強くなる原因として、一定の圧で麻酔液を注入できないことが挙げられます。電動麻酔では、細い針を用いていることに加え、器械により一定の圧で麻酔液を注入するため痛みが緩和されます。電動麻酔での治療をご希望される患者さんは、スタッフまでご相談ください。

伝達麻酔

麻酔が聞きにくい部位の治療に際しては、伝達麻酔による施術を行うことがあります。伝達麻酔は、神経そのものに麻酔を施行することにより、浸潤麻酔に比べてより広範囲の麻酔効果が期待できます。

笑気麻酔

笑気麻酔は、生体に安全な笑気ガスを鼻から吸入することで、治療中の不安や不快感、恐怖心を和らげ、痛みを緩和する方法です。麻酔を吸入してから、数分すると心地よい気分になってきます。その後、表面麻酔・浸潤麻酔を行っていきますので、痛みをほとんど感じること無く治療が可能です。笑気麻酔には、歯科診療に対し強いストレスがある方、痛みにとても敏感な方、そしてお子さんにも適しています。嘔吐反応を緩和する効果もあるので、嘔吐反射の強い患者さんにも向いています。また、笑気麻酔は覚醒も早く、治療後の日常生活にも全く影響を及ぼしません。そのため、患者さんからはリラックスして治療を受けることができたとの声をいただいています。保険治療の適用となる場合もあります。詳しくはスタッフまでご相談ください。

静脈内鎮静法

歯科診療に対して、恐怖・緊張・不快感を感じている患者さんは多いのではないかと思います。静脈内鎮静法(セデーション)では、歯科診療を行う時に静脈内に薬剤を投与することで、治療に対する不安を和らげ、リラックスして診療を受けることができます。静脈内鎮静法は全身麻酔法と異なり、意識が無くなる訳ではなく、ぼーっと意識が遠のいた状態になります。薬剤の効果により治療中のことをあまり覚えておらず、治療時間を短く感じることができます。とてもリラックスした状態ですので、血圧・心拍数が安定します。また、以下の様な患者さんに最適です。

◉インプラント等の長時間に及ぶ手術を受ける患者さん
◉歯科診療に対して恐怖・緊張・不快感を感じる患者さん
◉高血圧・不整脈・狭心症等の疾患がある患者さん