診療時間・ 午  前  9:00〜12:50
・平日午後 14:30〜18:30
・土曜午後 14:00〜17:30
休診日・木曜日、日曜日、祝日

予防歯科

予防歯科

歯科疾病を予防するということ

患者さんの多くは、歯がいたくなってから、歯茎から出血してから、歯科医院に来院されます。歯は一度大きな損傷を受けると、元通りに戻ることはありません。歯肉も一緒です。
そのため、疾病を予防するということは、歯科では非常に重要なことなのです。

一生、生え変わることのない歯を祖末に扱っても良いのですか?

歯科治療をしっかりと行ったからといって、一生涯それが持つわけではありません。しっかりと修復を行ったクラウン・ブリッジ・インプラントもメインテナンスをきっちりと行っていかないと、再び虫歯ができたり、外れたりします。歯周病も容易に再発します。

更なる虫歯や歯周病といった歯科疾患を予防し、治療した部位を保ために、定期検診が必要です。定期検診では、お口の状態を検査し、必要があればその部位の治療を行います。また、専門的なクリーニングやフッ素塗布により口腔疾患を予防します。

定期検診について

痛くもないのに歯科医院に通いたくないという患者さんも多いのが現実です。しかし、全身の健康診断は毎年欠かさず受診していますよね。そして、病気の早期発見を行っています。歯科でも、全く同じことがいえるのです。 定期検診の目的は、虫歯・歯周病の早期発見と早期治療、治療した部位のメインテナンス、そして健康に食べることができる、きれいな歯を維持することです。
歯科来院前と治療が終了した後を比べると、治療やクリーニングが施され、口腔内の環境はよくなっています。しかし、歯科に通院しなくなった翌日からは、患者さんご自身でお口のお手入れをしていかなくてはなりません。患者さんのブラッシングがよくできていない場所に、虫歯・歯周病が発生していきます。定期検診では、日頃のお手入れについてのアドバイスもさせていただきます。
当院では、患者様の生活習慣・口腔内の状況に合わせて、定期検診の頻度を決定し、口腔内の適切な管理を行います。治療のみでなく、定期検診での受診もお待ちしております。

当院では定期検診の来院時に以下の項目等をチェックしています。

・清掃状態
・プラーク付着の有無
・歯石沈着有無
・歯肉の状態
・歯の動揺度
・咬み合わせの状態
・レントゲン写真による虫歯の早期発見や歯槽骨の吸収状態など

定期検診を行うことで、健康なお口の状態を永く保つことが可能です。悪くなってから対応、するのではなく定期検診を心がけましょう。

カリエスリスクテスト

唾液のテストである、カリエスリスクテストでは、唾液の量・性質・口腔内の細菌の数などを調べ、その人の虫歯のなりやすさを判定します。患者さんの虫歯へのなりやすさを調べることにより、定期的なメインテナンス計画の立案ができます。そうすることで、更なる虫歯や歯周病を予防し、健康な口腔状態を維持しています。

PMTC

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningで、専門家による機械を使った歯のクリーニングという意味です。虫歯を事前に防ぎます。 歯科医院において、専用の機器を使用し、徹底的に研磨清掃し、虫歯や歯周病の原因であるバイオフィルム・歯垢・歯石を除去します。歯の表面だけでなく、歯と歯肉の間、歯と歯の間も徹底的に清掃します。ご自宅での普段のブラッシングでは除去できない頑固な汚れや細かな汚れが取れますので、爽快感を味わうことができます。バイオフィルムはすぐ再生されますので、定期的な歯科医院でのPMTCを受診してください。 また、当院では、全国的な審美歯科チェーンのホワイトエッセンスを導入しています。ホワイトエッセンスでは、完全個室で女性の有資格者による上質なクリーニングを提供しております。詳しくはホワイトエッセンスのページをご覧ください。

フッ素塗布

歯の表面は、人体の中でもっともかたいエナメル質でおおわれています。
エナメル質(ハイドロキシアパタイト)はフッ素を取り込むと、フルオロアパタイトというむし歯に強く溶けにくい物質に変化します。
歯科医院で歯に高濃度のフッ素を塗布することにより、歯質を強くしていきます。 定期的にフッ素塗布する事で、むし歯になりにくい歯にしていきます。
フッ素の効果を得るためには、3ヶ月に1回はフッ素塗布を行いましょう。

フッ素の効果

・歯質の強化
・歯のエナメル質を硬くすることで、虫歯を予防します。
・再石灰化作用の促進
・唾液の再石灰化作用促進(虫歯になりかけた歯を元に戻す作用)を促進します
・虫歯原因菌の活動抑制
・虫歯の原因となる細菌の活動を抑えます。

ブラッシング方法の指導

ブラッシングは家庭でできる予防の一つです。
毎日のブラッシングをしっかりと行えば、虫歯や歯周病の発生率を下げることができます。
しかしながら、正しいブラッシング法を行っている患者さんは多くはありません。当院では、患者さんの口腔内の状態に合わせて適切なブラッシング法を指導いたします。
歯ブラシのみでなく、タフトブラシ・歯間ブラシ・フロスなどの補助清掃器具を用い、よりしっかりと汚れを落とせるブラッシング法を、指導いたします。

適切なブラッシングをすることによって、予防だけでなく治療にも役立ちます。プラーク1mg中には、10億以上もの細菌が生息しています。治療は口腔内細菌が存在する状態で行っており、無菌状態での治療をすることは不可能です。
適切なブラッシングにより口腔内のプラークコントロールが保たれると、治療を円滑に行うことができ、治療成績や治療予後が向上します。